HOME> カーチスのサービス> 基本情報の確認

中古車チェックポイント

基本情報のチェック

この情報がきちんと開示されているかがポイント。中古車選びの基礎になる。見やすく、わかりやすく表示されているのも、親切な店かどうか判断するポイントになります。

Content title check01車検表示を確認する

Point 1 01

1:検○.△

○年△月まで車検の有効期限があり、車検取得費用に関する負担がなく購入できます。自動車税は月割りで納めますが、自動車重量税は必要ありません。一般的に車検が長く残っている方が望ましいですが、販売価格は車検の残りを考慮したものになります。

2)検新規(検なし)

車検(法定24カ月点検)を新規に取得するための料金が別途必要になるものです。

Content title check02プライスボードをよく見る

Point 1 02

1:車輌本体価格

車輌本体価格にかかる消費税以外の税金、保険料、整備、登録に伴う費用は含まれません。

2: 初年度登録年月日(年式)

そのクルマが日本で最初に登録された年月で、国産車であればイコール「年式」と考えてもいいでしょう。しかし、並行輸入車の場合は、年式と初年度登録年月が異なる場合があるので、「○年式」という表示が併記されます。

3:車検証有効期限

車検がいつまで有効なのかを記した欄です。車検が長く残っていれば、購入してからすぐに車検費用がかかることもなく、重量税、自賠責保険などの付帯費用の額が少なくなるメリットもあります。

4:走行距離数

メーターの表示に故障などの疑いのある場合は、距離数の後に?を表記しています。※「カーチス」の展示車両には、走行距離不明車両は含まれておりません。

5:前使用者の定期点検記録簿

展示する時点からさかのぼって過去2年以内に実施された定期点検整備記録簿が備え付けられている場合には「有」と表記されています。記録簿には整備を受けた時の走行距離が記入されているので、その点では安心できると言えるでしょう。

6:修復歴

自動車公正取引協議会基準では、(1)〜(9)を交換または修正したクルマを修復歴有としています。

修復歴の基準

  1. フレーム
  2. フロントクロスメンバー
  3. フロントインサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロアパネル
  8. トランクフロアパネル
  9. ラジエターコアサポート(交換)

7:保証付き販売

定期点検整備、またはこれに準ずる点検整備をしたうえで、保証書を付けて販売するものを言います。「カーチス」ではメンテナンスパッケージとして、充実した保証を実現しております。

Content title check03車両状態評価書を確認する

Point 1 03

上記の他、「カーチス」ではフロントガラスに「車両状態評価書」を掲示しています。この書類には、「カーチス」の査定士が仕入れの段階で確認した外装の状態や装備品の動作状況などが記載されており、クルマに詳しくなくとも一目で簡単に状態を確認出来るように配慮しております。

Content title check04整備手帳・新車保証書を確認する

Point 1 04

中古車を購入する際、誰もがもっとも気にするのはそのクルマの“履歴”ではないでしょうか?

そのクルマはきちんと整備されているものなのか、いつどういう整備を行っているのだろうか。ユーザー車検で整備をやりくりしていたクルマよりも、認定工場で整備を見てもらっていたクルマのほうが安心感は確実に高いはずです。整備手帳をしっかりと見れば、“修復歴有り”というクルマでも、内容次第では安心して購入できるはず。必ず確認してから購入を検討するようにしましょう。また新車から3年以内のものは、保証書がなければディーラーで対応しないこともあります。こちらの書類も合わせて確認したいですね。

Content title check05走行距離メーターについて

Point 1 05

中古車購入時に不安材料となるのが“走行距離のメーター巻き戻し”

確かに少ないのに越したことはないのですが、表示されている走行距離が正しいかどうかは気になるポイント。この時に安心材料となるのは、やはり整備時の走行距離を示した整備記録簿でしょう。これさえあれば、距離はもちろん、整備状況まで一目瞭然です。特にメーター交換が行われている場合には、必ず正規販売店で作業が行われた事が整備記録簿に記載されているか確認するようにしましょう。

カーチスのサービス紹介