愛車を高く売却する秘訣

こんなときどうすれば?

Topic03 img

Content title check01車検の期限が迫っている

Selling topic03 check1 img
車検費用が査定額に上乗せされることはありませんので、早めのご売却がお得です。

車検切れの期限が迫っていたり、車検がすでに切れている場合でも無理に通すことはありません。売却額が車検費用よりもアップすることはまず無いので、早めのご売却がお得です。

Content title check02小キズがついてしまった

Selling topic03 check2 img
年式相応の程度はOK。

クルマに乗っていれば走行距離は伸び、小さなキズや汚れは必ず付くものです。年式相応の距離や小キズは、大きなマイナス対象にはなりませんのでそれほど心配はいりません。

ツメにひっかからないぐらいの小さなキズは、市販のワックスやコンパウンドで磨くと驚くほどきれいに目立たなくなります。大きなキズになる前に、愛車をこまめに手入れしてあげましょう。

Content title check03売却前にボディを凹ました

Selling topic03 check3 img
板金加工をともなうような大掛かりな修理は、売却が前提なら基本的にやらないほうが良いでしょう。

大掛かりな修理は、売却が前提なら修理代のほうが高くついて損をする場合があります。また修理に時間をかけている間に相場が下がってしまうことも考えられます。修理すべきか判断に迷ったらまず査定サービスを利用してみましょう。修理したほうが得かどうかも、あわせて答えてもらえるはずです。ただし、メーカー保証の範囲で修理可能な場合は、修理しておいたほうが高額査定につながります。

Content title check04事故車になってしまった

Selling topic03 check4 img
事故車でも意外な高査定が出ることもあります。

バッテリー切れ・車検切れのクルマ・事故車でも売却は可能です。まずはクルマの状況をお店に詳しく伝えましょう。特にお客様が『事故車』と思っていても、いわゆる『修復歴車』にはあたらない場合もあって、意外な高査定が出ることもあります。

Content title check05社外品をつけたい

Selling topic03 check5 img

社外品を装着してももちろんOKですが、注意したいポイントがいくつかあります。これらに注意して社外品を装着するかどうかご判断ください。

純正品は保存しておく

中古車市場へ再び流通した際に、取り付けた社外品がプラス評価されるとは限りません。次に乗る人が純正品の選択もできるように、残しておくことが大切です。

付けるとお得な社外品

例えば、ハードディスク/DVDナビ、ディスチャージヘッドライトなどの装着はおすすめです。クルマ本体と同様、後付けで高価なパーツは中古車市場でも人気があります。

バランスが大切

特にエアロパーツなどは全体のバランスが決め手です。人気パーツメーカーであることや、同一メーカーのパーツでコーディネイトするのは、一般的に受け入れられやすいチューニングとされ、リセールバリューを高めます。

Content title check06ボディの加工をしたい

Selling topic03 check6 img
純正に近いコンディションを維持できるかどうかがポイント。

内装・外装を問わず、穴を空けるようなボディ加工を必要とする外装品はご注意ください。特に外装の場合、安易な加工は水漏れや錆びの原因となり、ほとんどがマイナス査定の対象です。後付けのサンルーフなどは、ルーフに穴を空けることで修復歴車扱いとなり、クルマの価値は大きくダウンします。つまり社外品を取り付ける場合は、できる限り純正に近いコンディションを維持できるかどうかがポイントとなるのです。

メーター交換は要注意

メーターを交換するなら必ずディーラーでおこない、記録簿に履歴を残してください。交換履歴が記録簿に載っていないと『走行距離不明車』となり、クルマの価値は大きく下がります。

機関系の改造

マフラーやエアクリーナーの交換程度ならほとんど問題はありません。しかし、エンジン本体に手を入れたり、配管を変更するような大掛かりな改造は、メーカー保証の対象外になり、一般的な中古車市場ではマイナス評価となってしまいます。

カーチスのサービス紹介